スポンサーサイト

  • 2016.08.22 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

五色豆の発祥から今に至る

五色豆

の発祥は今から約500年前といわれています。
当時の禅僧たちが、いり豆に乾葉をからませ、きびしい修業の中にあって珍重していたものが、いつしか御所の知るところとなり、有職の創意工夫をへて宮中文化の中で上菓子として発展することに至りました。中国から持ち帰った貴重な砂糖をいり豆にからませた五色豆は、大宮人たちのあいだで大変な評判になったと文献が伝えています。

さらに時代を経て、千利休は北野大茶会をはじめたとして茶の湯の席に五色豆を饗したことから五色豆は千家の茶道とともに大いに普及し京都人の磨きぬかれた味覚に支えられて今日までに創意工夫がなされてきました。

五色豆はえんどう豆と砂糖だけで作り出すきわめて素朴な京菓子です。それだけに単純な素材から作り出す優雅な風味は秘中の秘として継承されています。

---- 読書本家 舩はしや(ふなはしや)の参考資料より -----

pochi京都うぇるなびは京都の旅をまるっとサポートしています。
pochi京都うぇるなびに戻りたい
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
京都うぇるなび/English
English Here
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
京都紅葉百景
京都紅葉百景 (JUGEMレビュー »)
橋本 健次, 中田 昭
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM